So-net無料ブログ作成
検索選択

『ガダラの豚』中島らも [本の話]


ガダラの豚〈1〉ベストセラー小説「呪術パワー・念で殺す」の著者で民族学学者の大生部多一郎は、テレビで人気のタレント教授。しかし8年前、東アフリカでの気球落下事故で長女の志織を亡くして以来、大生部の精神と肉体はアルコールに蝕まれている。そして妻の逸美も神経を病み、胡散臭い新興宗教にのめり込んでいるのである。大生部は奇術師のミラクルと共に逸美の奪還を企てるのだが…。




これは傑作です。

中島らもをまったく読んだ事がないにもかかわらず
発売当初僕は、内容をよく確認もせずにその分厚いハードカバーを書店で手にしました。
何かちょっと予感めいた感触があったんです。「これは絶対面白いぞ!」…と。

予感は大的中。最高のエンターテーメントでした。
後にも先にも、この作品以上に読後の満足感を味わった作品はありません。
“面白い”という感想が、見事にハマる小説なのです。

この小説の影響でその後、同じテイストの中島らも作品である
舞台「こどもの一生」を観に行ったりもしました。

現在は文庫本で3冊に分けて発売されていますが
多分読むと、その3冊が3冊とも、まったく違った印象の作品に感じられると思います。
1冊目は、マジックのトリックや新興宗教がおこなう奇跡の暴露。漂う閉塞感。
2冊目は、まるでアフリカ紀行でも読んでいるような気分にさせてくれます。
呪術を追いつつも、のんびりとした旅気分に浸れます。
そしてクライマックスを迎える3冊目。次々と死んで行く主要登場人物たち。
恐ろしいほど沢山の人の血が流れるにもかかわらず
その読後感は爽やかで希望に満ちあふれているから不思議です。

この記事を書くにあたって、もう1度読んでおきたかったんですけど
本が、押し入れにある大量の段ボールのどれに入っているかわかりません。
けれど近いうちにきっと僕は、困難な段ボールジャングルの探検に行くでしょう。
今再び、あの感動に浸りたい衝動に駆られているのです。
もしかしたら近所の古書店で、文庫をゲットして来た方が早いかもしれませんがね。

とにかく、超オススメ作品であります!

ガダラの豚〈2〉

ガダラの豚〈2〉

  • 作者: 中島 らも
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1996/05
  • メディア: 文庫


ガダラの豚〈3〉

ガダラの豚〈3〉

  • 作者: 中島 らも
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1996/05
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。