So-net無料ブログ作成
検索選択

夢の中へ〜♪【明晰夢の世界】 [本の話]

明晰夢―夢見の技法

明晰夢―夢見の技法

  • 作者: 大林 正博, スティーヴン・ラバージ
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本


みたい夢をみる方法―明晰夢の技術

みたい夢をみる方法―明晰夢の技術

  • 作者: チャールズ マックフィー
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本


知っている人は知っている
知らない人はまったく知らない“明晰夢”。
上記の本は明晰夢に関する、比較的スタンダードな専門書です。

明晰夢とは、簡単に言えば“それが夢だと自覚している夢”の事です。
僕はそんな経験、生まれてから一度もないんですけど
世間の人たちは比較的よく経験しているようですな。

誰もが興味をもっているであろう夢の世界。
僕も昔は興味あったんですが、フロイトを始めとして
夢判断の本って、結局何でも性的欲求不満へ話を持って行くので
「何だかなあ〜…」って感じでしばらく興味を失っておりました。
ところが友人に明晰夢について教えられて、俄然興味を持ち
自分のマンガのネタにしようとまで、一時期考えておったのですよ。
マンガの方はボツになりましたが…。

フフ…。
全国の中高生の諸君!朗報ですぜ!!
明晰夢ってのは、夢を自覚するだけではなく
夢の中で自分の思うように、自在に夢を操る事ができるのであります!
つまり、空を自由に飛んだり、ボンバーマンの如く壁をすり抜けられるのは当たり前。
中高生のイケナイ妄想が自由自在に…!
憧れのあのアイドルとあんな事やこんな事も、そりゃもう望むままなんすよ!兄貴!!

……などと、どこかの妄想中毒マンガ家が思ったとか、思わなかったとか。

いや実際、本を読んでみるとわかりますが
明晰夢を見るためのプロセスが面倒臭いのなんの。
比較的簡単な方法を試してはみましたけど、まったく明晰夢を見る気配なしですわ。

大雑把に言いますと
何らかの欲求不満があるから夢を見るというのがフロイトの考え方で
全てが満たされると、人間は夢をまったく見ないとされてたんですと。
けれどここ最近の研究では、人間は寝ると必ず夢を見ているんだそうです。
ただ、見た夢を覚えていないだけらしいですな。
なので明晰夢を見るトレーニングとしては
まず見た夢を思い出す習慣をつける事から入るわけです。
ね?これだけでもう、すんごい面倒臭いでしょ?
それでも興味のある方は、まあ本を読んでみてくださいよ。

最後に、一番簡単な明晰夢を見る方法を紹介しておきましょう。

本当に簡単です。布団に入って寝る時に
「イチ!私は夢を見ている!」「ニ!私は夢を見ている!」「サン!私は夢を見ている!」
「ヨン!私は夢を見ている!」「ゴ!私は夢を見ている!」……
てな具合に、数を数えながら寝るだけです。
それでいつの間にか、夢の中で数を数えている事に気付いたら成功ってわけですな。
ちなみに僕は、50まですら数えないうちに速攻で熟睡です。

もしどなたか成功したら、報告して下さいませ。


nice!(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 1

トラックバック 1